30代以降の女性のための、楽に運動を取り入れる方法

20080343_0c22c6094a
30代の女性で、体力がある人は少ないと思います。でも、運動不足で体力が低下しているとダイエットの効果も出にくいんですよ。

忙しくて運動する時間がない!?

30代というのは忙しい世代でもあります。仕事も忙しいですし、結婚して子どもがいる人もいるでしょう。なかなかダイエットのための時間が取れない場合、運動するのはハードルが高いと言えます。

でも、運動する時間が一切とれない、という人は多くはないはずです。少しぐらいなら、運動をする時間を取れるのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、細切れの運動です。一度にがっつり運動できなくても、5分、10分という細切れの時間を使って運動するならできるかもしれませんよ。

こま切れの運動でも脂肪は燃焼する!

脂肪を燃焼させるために有効だと言われているのは有酸素運動ですよね。みなさんご存じだと思います。でも「有酸素運動は20分以上継続しないと意味が無い」というのは誤解です。

有酸素運動は、たしかに20分以上継続すると脂肪の燃焼率が高くなりますが、これは細切れでおこなっても脂肪燃焼効果があります。たとえば、朝に10分、夜に10分、という形でウォーキングをしても、脂肪は燃焼するんですよ。

有酸素運動以外の運動でも、30分や1時間というまとまった時間をとれなくても、手が空いているときに数分でもいいので体を動かすと、それだけ消費カロリーを増やすことができますよ。

自転車や徒歩の移動を増やそう

日常生活の中で運動を増やすのもおすすめです。たとえば、今まで車で行っていた買い物を自転車で行くようにするとか、近所のコンビニぐらいは歩いていくようにするとか、運動量を増やすことはできます。

少しハードルは高いかもしれませんが、電車通勤や車通勤を自転車通勤に変えるのもおすすめです。春や秋など過ごしやすい季節だけ自転車で行く日を増やしてみてはいかがでしょうか。

また、家の掃除をするなど、家事労働で脂肪を燃焼させるのも効果があります。普段家事をサボり気味な人は、ダイエットも兼ねて家事に精を出してみてもいいと思いますよ。

このページの先頭へ