30代以上の女性が気を付けるべきランチの選び方

3847273028_bb345d273a
ダイエットを成功させるには、食生活が重要です。30代は基礎代謝も下がってきていますから、いい加減なものを食べているとすぐにカロリーオーバーになってしまいます。

ランチを外食する場合はライス抜きがおすすめ!

外食ランチでは、避けるべきものがあります。

  • ラーメン
  • パスタ
  • カレー

この3つは炭水化物メインの昼食になってしまうので、ダイエット中は極力避けましょう。もちろん、ピザもダメです。そこでおすすめなのが、定食ランチです。

定食ランチなら、おかずがいろいろと付いてきますから栄養バランスもいいですし、満足感もあります。ただ、定食ランチの場合にも、ご飯の量には気を付けなければいけません。

お店にもよりますが、定食のランチはけっこうごはんの量が多いところが多いですよね。それをすべて食べてしまうとかなりのカロリーになってしまいます。

ごはんは、半分にしてもらうか、もしくは抜いてもらうようにしてくださいね。

コンビニランチ、単品のみも、お弁当もダメ!

昼食はだいたいコンビニ、という人も多いと思いますが、コンビニランチの場合は、高カロリーになりやすいです。

  • 菓子パンやおにぎりなどの単品のみ
  • お弁当

このいずれも避けましょう。パンやおにぎりの場合は炭水化物がメインになってしまいますし、コンビニのお弁当はおかずが高カロリーなものが多いです。

おすすめは、お惣菜を2~3種類買うこと。最近はパウチ入りのものなど種類が豊富ですから、煮物、サラダ、そしてメインとなるハンバーグなどのおかずを組み合わせて食べましょう。

逆に、低カロリーでも「サラダのみ」「ヨーグルトのみ」という昼食はおすすめしません。前日食べ過ぎたとかでカロリーを調整したい場合を除いては、しっかり栄養を摂るためにも他のおかずと組み合わせてくださいね。

昼食で高カロリーなものを食べてしまうと、夕方にはまた空腹感に襲われてお菓子を食べてしまったり、夕食を食べ過ぎてしまう恐れもありますから、十分に気を付けてくださいね!

このページの先頭へ