30代以降の女性がダイエットを成功させるための運動の考え方

_DSC0745

運動不足の人は、ダイエットも成功しにくいです。30代になるとただでさえ代謝が落ちるのに、その上運動もしなければ脂肪は一向に燃焼しません。

落ちてきた代謝を運動で補う

年齢を重ねると、代謝は落ちてきます。そのため、一日に消費できるカロリーも必然的に減ってきます。20代のときは基礎代謝が1200kcal程度あった人でも、30代になると1100kcal程度にまで落ちます。

1日あたり100kcal変わると、1か月で3000kcal、1年で36500kcalも違ってきます。摂取カロリーを変えなければ、1年で5キロも増えてしまう計算です。

年齢を重ねても体型を維持するには食事の量を少しずつ減らしていく必要もありますが、しっかり食べながらでも体型を維持するには、「運動によって消費カロリーを増やす」という方法もあるんです。

運動を習慣にしよう

30代の方には、運動の習慣をつけることをおすすめします。20代ぐらいまでは、休日にゴロゴロしていても、運動不足でも、まだ10代のころの貯金でなんとかなるものです。

でも、今後は年齢を重ねるごとに体力も消費カロリーも低下し、どんどん太りやすい状態になります。40代、50代になってもキレイでいるためには、今のうちに運動習慣をつけて、しっかり脂肪を燃焼できる体をキープしなければなりません。

日常生活に運動を取り入れよう

やはり、運動習慣としておすすめなのは毎日のウォーキングやジョギングですが、いきなりこのような運動習慣をつけるのは大変です。時間も無い人が多いでしょう。

そこで、日常生活の中で運動量を増やしていきましょう。たとえば、買い物は歩いて行くようにする、自転車通勤に変える、といった方法があります。もしくは、週に1回でもいいので体を動かす習い事をする、というのもいいかもしれませんね。[/p]

日常生活の中で運動する時間を少しずつ増やしていくだけでも、1日あたり100kcal程度消費することができます。それぐらい消費できれば、年齢とともに低下した消費カロリーを補うことができますから、ぜひ意識してみてくださいね。

このページの先頭へ