30代以降の女性がダイエットを成功させるには食生活を見直すこと!

4097588634_457d51c9ab

ダイエットとは、食事の量を減らしたり、ダイエット食品に置き換えることだと思っていませんか?30代のダイエットは、そんな乱暴なやり方ではなかなか成功しません。

知らず知らずのうちに食べ過ぎていませんか?

30代になると、そんなに食べていないつもりでも、太ってしまうことがあります。でも、それは消費カロリーが低下してきているのに食べる量が減っていないからではないでしょうか?若いころよりも食べる量を減らさないと、痩せるどころか太ってしまうんですよ。

さらに、ただ食べ過ぎているだけでなく、必要な栄養は摂れていないのに、カロリーだけオーバーしているかもしれません。たとえば、お菓子やごはんばっかり食べて野菜や肉が不足している、ということはよくあります。

栄養バランスのとれた食事で、なおかつ食べ過ぎることがなければ、ダイエットは成功します。

食生活の根本的な見直しを

若いうちは、主食を減らすとかお菓子を我慢する、といった方法でもある程度痩せることができますが、30代の場合は食生活を根本的に見直す必要があります。

食生活が乱れている限り、ダイエットは本当の意味で成功させることはできません。一時的に痩せることはできても、またすぐに太ってしまうのです。

栄養バランスに気をつけて!

そこで、まずは栄養バランスに気を使った食生活を実現させましょう。そのポイントは、以下のとおりです。

  • 主食は今の半分程度にする。できれば玄米にかえる。
  • おかずは3品以上を目標にする。
  • 肉・魚などタンパク質を毎食摂る。
  • 和食の割合を増やす。

まず、丼ものやうどん、パスタなど、主食がメインとなるような食事は極力避けましょう。そして、肉、魚、卵、大豆製品といったタンパク質は、毎食取り入れるようにしてください。タンパク質が不足すると、上手にダイエットはできません。

その上で、和食の割合を増やすといいですね。和食の場合はそこまで栄養バランスを考えなくても、「一汁三菜」を意識するだけで簡単に低カロリーで栄養バランスのいい食事になります。

適当に食事をするのはやめて、栄養バランスのとれた食生活を心掛けてくださいね!

このページの先頭へ