ウォーキングやジョギングをするときに気を付けるべきこと

cute-18833_640

ウォーキングやジョギングをするとき、あなたはどのようにおこなっていますか?これらの運動はダイエットにはとても効果がありますが、気を付けなくてはならないこともあるんです。

防犯対策をしよう!

中には、「夜しか時間が無い」という人もいると思います。でも、基本的には夜の屋外での運動は避けましょう。

土地柄にもよると思いますが、夜は危険です。犯罪に巻き込まれることもあるので、一人ではおこなわず、親と一緒におこなうなどの工夫が必要です。

昼間でも、人通りが少ないところは避け、大通りや人の多い公園を選ぶようにしてくださいね。

スポーツブラを使おう

ジョギングの場合は特に、体が上下に振動します。すると、胸が垂れてしまう危険があるのです。せっかくダイエットに成功して細くなっても、胸が垂れていては魅力が半減してしまいます。

胸を支えているクーパー靭帯は一度切れてしまうと元には戻りません。人生はまだまだ何十年もあるのですから、大切にしなくてはなりません。自分の体に合ったスポーツブラを使うことで、胸が垂れるのを防げますよ。

胸が大きい人、太って胸も大きくなってしまった人は特に危険なので、ある程度痩せて胸のボリュームが減るまではウォーキングの方がおすすめです。

紫外線対策をしよう

外でおこなう運動は気持ちがいいものですが、日焼けの危険にもさらされています。紫外線を浴びると、日焼けだけでなくシワやシミの原因にもなってしまうんです!

せっかく痩せても肌が汚ければ困りますよね。日焼け止めは必ず塗り、レギンスやアームカバー、帽子を使って紫外線を防ぎましょう。

夜に運動する場合は紫外線対策は不要です。

痩せればOKというものではない!

ダイエットをしていると、「とにかく細くなればそれでいい!」という感覚に陥りがちですが、痩せることばかりに集中していてはいけません。

防犯対策はもちろんのこと、美容に対する意識はつねに持っていてください。ダイエット成功後に今度は肌荒れや胸が垂れたことに悩むことがないように、しっかり対策しておきましょう!

このページの先頭へ