10代ダイエッターにおすすめの筋トレ4種類

belly-2473_640

ダイエットの際におこなう筋トレは、どのようなことをすればいいんでしょうか。「筋トレ」で検索してみても、たくさんの種類があって迷ってしまいますよね。

基本の4種類から始めよう!

はじめからあれこれ手を出してしまうと、まず筋トレのフォームを覚えることから始めなければならず、大変です。大変なことを始めてしまうと三日坊主になりやすいので、まずは簡単なことから始めてみましょう!

 icon-smile-o 腹筋
ウエストを引き締めるのに効果的な腹筋。「クランチ」という名前で呼ばれます。

腕で頭を持ち上げるようにすると腹筋に力が入りにくいので、腕は胸の前で交差しておこなうのがおすすめですよ。

 icon-smile-o 背筋
バックエクステンションと呼ばれる、オーソドックスな筋トレです。

頭と脚を両方持ち上げるようにしておこないましょう。背中は自分が思っている以上にたるんでいるものなので、しっかり引き締めてくださいね。

 icon-smile-o 腕立て伏せ
二の腕と大胸筋(胸の筋肉)を鍛えるのに効果的。プッシュアップと呼ばれます。

バストアップにも欠かせないので、ぜひチャレンジしましょう。

 icon-smile-o スクワット
腰を下まで下ろす「ヒンズースクワット」ではなく、イスに腰掛けるような動きをする「スクワット」をしてください。

太ももの筋肉を鍛えるのに効果的で、脚の引き締めと、脂肪燃焼の効果があります。

力を入れるときに吐くのが基本!

筋トレをするときには、呼吸法がかなり大切です。息を止めてしまうと体にかかる負担が大きくなって危険ですから、はじめのうちはしっかり意識しながらおこなってください。

力を入れるときに吐いて、戻すときに吸うのが基本。腹筋と背筋なら体を起こす時、腕立て伏せとスクワットの場合は体を持ち上げるときに吐くように意識してみましょう。

筋トレは男性がやるもの、というわけではありません。女性でも、魅力的なスタイルの人は筋トレをしているものです。ただ体重を落とすのではなく、筋トレを取り入れてキレイで健康的な体を作ってくださいね!

このページの先頭へ