腹筋100回もする必要なし!ダイエットに効果的な筋トレの考え方

462473020_752864253d

ダイエットとは、ただ体重を減らせばいい、というものではありません。女性らしい魅力的な体を作らなければならないものですよね。そこで必要となるのが筋トレ。筋トレは、正しい方法でやらなくてはならないんですよ。

筋トレすればスタイルが良くなる!

筋トレというのは、腹筋や背筋など、筋肉を鍛えることです。筋肉を鍛えることによって体力が向上するだけでなく、魅力的な体を作ることができます。

脂肪は、体にまんべんなく付いていますから、食事制限で脂肪を減らしても全体的に細くなるだけ。一方筋トレの場合は、メリハリをつけたいところを鍛えることによって、部分的に細くしたり、バストアップしたりと自由に体をデザインできるのが魅力です。

正しい筋トレのやり方

筋トレをするときに、「腹筋と背筋100回ずつ!」というように数をこなそうとする人がいますが、それは間違いです。筋トレは、もっと少ない効果で十分に効果があります。むしろ、少ない回数の方がいいんです。

たとえば腹筋の場合、10~20回を3セット程度。つまり合計30~60回です。
10回を3セットする場合は、10回腹筋したあとに1分ほど休み、また10回、その後休憩、そしてもう10回やる、ということです。

筋トレは、正しく筋肉を使う必要があります。腹筋をする場合は、腹筋の力を使って体を起こさなくてはなりません。でも、実際には腕の力を使って体を起こしてしまっているようなこともあります。

< p class=”caution3″>正しく筋トレするには、鍛えたい筋肉に意識を集中する必要があるので、素早く動く必要はなく、ゆっくりと筋肉に負荷がかかっていることを確認しながらおこないましょう。

栄養と休養も大切です!

筋肉を鍛えるには、トレーニングだけでなく栄養、休養も必要です。

筋トレをすると筋肉が傷つきます。傷ついた筋肉は、今度は傷つかないようにもっと強い筋肉を作ろうとして、さらに強い筋肉を作ります。これを繰り返すことによって、強い筋肉が生まれるのです。

もっと強い筋肉を作るためには、しっかり栄養を摂ることと、しっかり休養をとることが大切。タンパク質が不足しないようにすることと、筋トレは1日おきにおこなうなどして休養させることを意識して、筋トレに励んでくださいね。

このページの先頭へ