受験生でも大丈夫!ダイエット中の夜食の選び方

a0002_011418

受験生のみなさん、勉強お疲れ様です。勉強していると、けっこうお腹がすくのでダイエット中の人は大変です。でも、夜食を我慢するとお腹が空いて勉強に集中できません。

そこで、受験生におすすめのダイエット夜食を紹介しましょう!

脳は「糖」を要求している!

勉強中にお腹が空くのは、糖が不足するからです。

体を動かすときには糖質と脂質の両方を使いますが、脳は糖質しか使いません。勉強で頭を使うと糖質をたくさん消費するため、「糖を補給しろ!」と命令してくるんですね。

ですから、低カロリーな夜食と言っても、糖質を含まないものでは脳は満足してくれないのです。

脳と体に優しい夜食はこれ!

 icon-smile-o バナナ
果物に含まれる糖は白砂糖に比べると体にいいです。特にバナナは消化が早く、しかも安いので重宝しますよ。もちろん、りんごやいちごなど他の果物でもかまいません。
 icon-smile-o ふかし芋
イモ類は炭水化物なので太りやすいと言われていますが、夜食としてふかし芋を半分食べる程度なら大丈夫です。スイートポテトはバターを使うものなので避けましょう。
 icon-smile-o 甘栗
栗はタンパク質が豊富で、ほどよく糖も含んでいます。一粒ずつ味わって食べれば、食べ過ぎることもありません。
 icon-smile-o ヨーグルト
ヨーグルトは便秘解消にも効果的でダイエットのときには常備しておきたいもの。冷たくてすっきりするので、集中力も増します。
 icon-smile-o 甘納豆
小豆などを加工してある甘納豆は、少しずつ食べるのがおすすめ。おちょこなどの小さい器に入れれば食べ過ぎ防止になりますよ。

夜の勉強をやめるという方法も

勉強の効率がいいのは、実は夜ではなく朝です。ですから、夜遅くまで勉強するのではなく、夜は早くに寝て、朝に勉強する方がいいんです。

朝勉強に変えれば夜食は不要になりますし、朝ごはんをしっかり食べても太りません。早朝は空気も澄んでいて気持ちがいいですし、軽くウォーキングしてから勉強するなどして、上手にリフレッシュしながら勉強とダイエットを両立させてくださいね!

このページの先頭へ