ファーストフード店に行ったときの、ダイエットメニューの選び方

6730834771_a70ac714d5

ダイエットの大敵はコンビニとファーストフード。でも、友だちに誘われれば行かなくてはならないこともあります。そんなとき、何を選べばダイエットの邪魔にならないのでしょうか?

オーソドックスなハンバーガーを選ぼう

まずメインに食べるものは、もっともオーソドックスなものが、低カロリーになっている傾向があります。

たとえばマクドナルドの場合、てりやきマックバーガーが509kcalあるのに対して、普通のハンバーガーは275kcalです。ちなみにビッグマックは557kcalあります。

どのハンバーガーを選ぶのかによってカロリーがかなり変わるので注意してくださいね。

サイドメニューはサラダに変更!

一般的なセットメニューは、ハンバーガーにフライドポテトがついていますよね。フライドポテトは、高カロリーなじゃがいもを高カロリーな油で揚げるという料理です。

マクドナルドの場合、マックフライドポテトMのカロリーは454kcalです。これだけでかなりのカロリーになるということですね。

そこで、セットのサイドメニューはサラダに変えてしまいましょう!サラダなら当然低カロリーです。マクドナルドのサイドサラダなら、ドレッシングを含めて117kcalになります。ハンバーガーと合わせて392kcalなので低カロリーですよね。

ハッピーセットもおすすめ!

マクドナルドに行くならハッピーセットもおすすめです。オモチャは付いてきてしまいますが、余分な脂肪は付きません。

メインをハンバーガーではなくチキンナゲットにして、サイドをスイートコーンにすれば、カロリーは合わせて336kcalになります。ハッピーセットならドリンクもSサイズになるのでMサイズを飲みきれないという人にはぴったりです。

ドリンクはお茶かコーヒーで!

セットのドリンクは、絶対にコーラやオレンジジュースを選んではいけません。野菜ジュースならまだいいのですが、基本的にはお茶からコーヒー(ブラック)を選びましょう。

そうすれば、ファーストフードでもカロリーを摂りすぎることなくダイエットを妨害されません。ファーストフード店に行く機会が多い人は、ぜひ覚えておいてくださいね!

このページの先頭へ