コンビニで選ぶべき、ダイエットサポート食材5つ

a0002_000147

コンビニにも、ダイエットに役立つ食材はあります。基本的には、ダイエット中にはなるべくコンビニは利用しない方がいいのですが、どうしても利用しなければならないときはぜひ参考にしてくださいね!

コンビニの惣菜を活用しよう!

コンビニの惣菜にはいろんな種類があります。お弁当だとどうしても揚げ物が入っていたりご飯の量が多かったりして高カロリーになりますが、惣菜なら自分の好みに合わせて組み合わせることができます。

1.野菜豆などの大豆製品
大豆は、タンパク質が多い上に低カロリーでダイエット向きの食品です。野菜豆の場合は野菜やこんにゃくなども入っていて栄養的にはいいですね。
2.筑前煮などの煮物
筑前煮やきんぴらごぼうなどもおすすめ。サラダは量に対して値段が高いですし、実際には栄養もあまり摂れません。煮物系の方が格安でしっかり栄養が摂れますよ。

※サラダも悪いわけではありませんが、コンビニのものはあまりおすすめできません。

他にもある!コンビニ食材

3.ちくわ
コンビニでも、4~5本入りのちくわが100円程度で売られています。ちくわは魚が材料になっている上に間食に気軽に食べられる絶好のタンパク質です。ただし、塩分が高いのでたまに食べる程度にしましょう。
4.あたりめ
するめはタンパク質が豊富です。しかもかみごたえがあるので空腹感をごまかすにももってこいの食材。特にあたりめがおすすめですよ。
5.フルーツ入りヨーグルト
ヨーグルトだけよりも、フルーツが入ったものがおすすめ。コンビニには少し大きめのものが売られているので、昼食などにはぴったりですよ。

菓子パンは絶対買わない!

ダイエットをサポートしてくれる食材とは逆に、ダイエットを妨害するものもあります。その代表が、菓子パン。

菓子パンが好きな人にはつらいかもしれませんが、市販の菓子パンというのは砂糖やバターのが大量に入っています。だから美味しいのです。

でも、菓子パンを食べている以上は痩せることはできないと言ってもいいでしょう。今回紹介した5つの食材以外にもいいものはたくさんあるので、コンビニに行ったときには裏の成分表もチェックしながら選ぶようにしてくださいね!

このページの先頭へ