10代におすすめ!ダイエット中の昼食の選び方

3433536553_e92d61a2c7

昼食は、毎日どのようなものを食べていますか?昼食の選び方によって、ダイエットが成功するかどうかも大きく変わってきます。そこで、ダイエット中の昼食はどのようなものをたべるのがいいのかをお話ししたいと思います!

給食の人は心配しなくてOK!

昼食は、学校の給食を食べているという人も多いでしょう。給食の場合、心配はいりません。普通通りに食べてください。ただし、ご飯のおかわりはナシでお願いします。

問題は、お弁当やコンビニご飯の人。知らないうちにカロリーオーバーになっていることもあるので、十分に注意が必要です!

お弁当はご飯の量と揚げ物に注意!

お母さんにお弁当の内容を指定するのが申し訳ない、と思っている人も多いと思いますが、かと言って高カロリーすぎるお弁当の場合は少し内容を変えてもらう必要があります。

まず主食。ごはんがたっぷり入っているようなお弁当の場合は、主食を減らしてもらうようにお願いしましょう。主食ナシはNGですが、主食を控えめにするのはダイエットの基本です。

次に、揚げ物など高カロリーなおかず。揚げ物は冷凍食品の種類も豊富で便利なのですが、高カロリーなものは避けてください。冷凍食品を使う場合は、おひたしなどの和食のおかずを増やしてもらうのがおすすめです。

一番おすすめなのは、自分でお弁当を作ること。ちょっと大変ですが、夕食のおかずを少し残しておけばそれを詰めるだけでOKですし、自分のダイエットなのですからぜひ挑戦してみましょう。

コンビニご飯は単品NG!

コンビニで昼食を買っている人は「おにぎり」とか「パン」とか、主食単品になっていることが多いです。この方が安上がりだということは分かるのですが、ダイエットにはなりません。

  • 野菜の炊き合わせ
  • 野菜豆
  • サラダ
  • ポトフ
このような複数の野菜が入ったおかずを、2種類程度買いましょう。主食は、おにぎりを買ってもいいのですが節約するなら自分でおにぎりだけ作って持って行くのがおすすめですよ。

コンビニご飯でもダイエットは可能です。できればお弁当を作るのがベストですが、難しい場合は買うモノを工夫して上手にダイエットしましょう!

このページの先頭へ