10代におすすめ!ダイエット中の朝食の摂り方

5118039167_3fa8e56680

あなたは、ダイエットのためだと言って朝食を抜いたりしていませんか?朝食は、10代のうちは抜いてはいけないものです。朝食に何を食べるかによってダイエットが成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

では、ダイエット中の10代女子が摂るべき朝食を紹介しましょう!

主食少なめ栄養多めの朝食を!

ダイエット中はカロリーは控えめにしなければいけませんが、その他の栄養はたっぷり摂らなくてはいけません。タンパク質、食物繊維、ビタミンなどはしっかり補給しておきましょう。

カロリーを控えめにするには、主食を少なくするのが一番です。もし、今の朝食が「トーストとコーヒー」みたいなことになっている人はそれをやめて、もっと栄養のあるものを食べましょう!その分、パンやご飯などの主食は少なめにします。

朝食におすすめなもの

本当は、野菜中心の和食がおすすめです。焼き魚におひたしに、お味噌汁。こんな朝食をお母さんが作ってくれる人は、感謝してしっかり食べましょう。

ただ、お母さんがそこまで準備できない場合もありますし、自分で朝食の準備をする人もいると思います。その場合は、手軽に準備できるこんな朝食がおすすめですよ。

  • 季節のフルーツ
  • ヨーグルト
  • 青汁
  • グラノーラ
  • ゆで卵
  • ベーコンエッグ

果物に、プレーンヨーグルトをかけて食べるのはおすすめです。青汁も手軽に完成し、朝食欲が無い人にもおすすめですよ。

主食はグラノーラにすると、ビタミンやミネラル、食物繊維をしっかり摂れるのでおすすめ。そこに牛乳もしくは豆乳をかけてフルーツをトッピングするのもいいですね。

タンパク質を補給するためには、ゆで卵やベーコンエッグなどを取り入れましょう。ゆで卵は、夜のうちにまとめて茹でておけば朝楽ちんです。(ゆで卵は4日程度しか日持ちしませんので気を付けましょう)

朝食は栄養のあるものを少しでOK

朝食は抜いてはいけませんが、たくさん食べる必要もありません。朝からお腹が空いているという人はしっかり食べてもいいですが、そこまで食欲や時間が無いという人は、手軽に準備できるシリアルやヨーグルトなどで軽く食べる程度で十分です。

そうすることで内臓を目覚めさせ、便秘を防止することもできますし、軽く栄養を補給することによって午前の授業にも集中しやすくなりますよ。

このページの先頭へ