「体重が軽い=細い」は間違い!後悔しないためのダイエットのやり方

3184814891_2a47c94df5

ダイエットを決意する時ってどんなときですか?身体測定で測った体重が驚異的な数字になっていたときなど、「体重」をきっかけにダイエットを始める人は多いです。でも、体重ばかり気にしていると、近い将来後悔することにもなりかねません!

体重は「体の重さ」です

わたしたちの体は、骨や筋肉、脂肪、水分などいろんなものから構成されています。体重というのは、これらのいろんなものの総重量のことです。

ダイエットをする目的は、「脂肪を減らすこと」ですよね。でも、体重が減ったとしても、ダイエットのやり方を間違っていれば脂肪ではなく、他のもっと大切なものが減っている可能性だってあるんです。

「体重さえ減れば細くなれる!」と思い込んでいる人は、危険なダイエットをしている可能性もあるので今すぐやり方を改めましょう!

骨や筋肉は減らしてはいけない!

骨は、わたしたちの体の土台です。土台が壊れてしまえば、わたしたちの体は正常に動かなくなってしまいます。ところが、無茶なダイエットをすると骨がスカスカになり、折れやすくなるんです。

「骨粗しょう症」という病気があります。これは、骨の密度が低くなってしまって、些細な刺激によって折れてしまう状態のこと。普通は高齢の方がなるものですが、無茶なダイエットをしていると、10代でも骨粗しょう症になる人はいます。

筋肉も、大切です。「筋肉がムキムキしてたら可愛くない!」と思われるかもしれませんが、女性にとって必要な筋肉というのは最低限でいいので、ムキムキしていることはありません。

きれいなモデルさんも、日々の筋トレを欠かさないという人がたくさんいます。「筋肉があったら女性らしい体になれない」というのは間違い。女性らしい体を作るのは、しなやかな筋肉なんです。

栄養と運動があればキレイに痩せられる!

無茶なダイエットとは、食事の量を極端に減らして栄養バランスについては見なおさない、というやり方です。これでは将来的にはだらしのない体、ただ細いだけで魅力のない体、病気しやすく骨折しやすい体になってしまいます。

そうならないためには、タンパク質やカルシウムといった栄養は減らさないこと、そして、適度な運動が必要です。ここを守っていれば、体を壊したり魅力を失うような体にはなりませんから、ダイエットの際には必ず気を付けてくださいね!

このページの先頭へ