勘違いしてる人多数!食事制限の正しい意味とは

11433481726_d60b147542

ダイエットと言えば、食事制限をするもの、と思っていませんか?たしかに、ダイエットをするなら食事制限は必要です。でも、多くの人は「食事制限」の意味を勘違いしてるのです。

食事制限は大幅にカロリー制限することではない!

朝食は抜き、昼食はおにぎり1個、夕食はサラダのみ。
こんな食事は「食事制限」とは言いません。

ダイエットに必要な食事制限とは、つまりは「カロリー制限」のことであって、カロリー以外のものは制限してはいけないのです。

家庭科の授業で、栄養について学んだことがあると思います。体のエネルギーとなり糖質や脂質、そして体の元となるタンパク質、それから体を正常に保つために必要なビタミンやミネラルなど。

こういった栄養は、制限してはいけないのです。ところが、ダイエットを始めると極端に食事の量を減らしてしまい、カロリーだけでなく栄養まで制限してしまっている人が多いのです。

栄養を減らさずにカロリーだけ減らすのが食事制限

カロリーだけを減らす、というのはけっこう難しいものです。食事の量を減らすだけでは他の栄養まで減らしてしまいますよね。

そこで必要なのが、「食べるものを変える」という発想です。糖質や脂質を控えめにすれば、摂取カロリーは減らせます。具体的に言えば、米やパンなどの主食や、脂っこい肉、マーガリン、甘いお菓子やジュースなど。

こういったものを減らせば、カロリー制限はできます。逆に、今までよりも多めに食べるといいのは野菜や果物です。果物も甘いものですが、りんごを1日1個食べる程度であれば大丈夫です。

野菜をたっぷり食べるようにすればビタミンや食物繊維が十分に摂れますから、健康や美容に悪影響を及ぼさずに痩せることができますよ。ただ量を減らすだけの食事制限に比べると、カロリーだけを減らすという正しい食事制限は少し難しく感じるかもしれません。

でも、この基本をマスターしていれば今後また太ってしまうことがあったとしても上手にダイエットできるので、ぜひ覚えておいてくださいね!

このページの先頭へ