10代のダイエットを成功させるための睡眠のとり方

a0007_001383

あなたは、自分の睡眠に自信がありますか?

実は、ダイエットと睡眠は非常に密接な関係にあります。眠りの質が低いとダイエットも成功しにくくなるので、ぜひ正しい睡眠のとり方を知っておきましょう!

しっかり眠れば痩せやすくなる!

起きている時間が長いと、それだけカロリーを消費するのでなんだか痩せやすそうな気がしますよね。でも実際は逆です。とある調査では、睡眠時間が長い人よりも、睡眠時間が短い人の方が太っている人が多いということがわかっています。

これは、睡眠中にきちんと疲労回復できておらず脂肪燃焼の効率が落ちているということもありますに、単純に「起きている時間が長いとそれだけお腹がすいて食べ過ぎる」という理由もあります。

10代の睡眠は8時間以上!

最近の話ですが、厚生労働省が睡眠の指針を発表しています。それによると、10代に必要な睡眠は8時間以上。あなたはどうでしょうか?8時間も寝ていないのではありませんか?

8時間寝ようと思うと、夜23時に寝て7時に起きる、という感じになります。宿題や受験勉強、もしくは彼氏や友達とのメールなどで、夜更かししている人には不可能にも思えるような睡眠時間です。

でも、これだけの睡眠時間を取れば健康にもいいですし、痩せやすい体質を作るのにも大いに役立ちます。

スマホはほどほどに、寝る前30分はリラックスを

睡眠は、時間の長さだけでなく質も大切です。眠りが浅ければ、たくさん寝ても疲れは取れません。そこで、寝る前の30分間は、リラックスするための時間にしてしまいましょう。

一番ダメなのはスマホやテレビ、PCです。明るい光を浴びていると、体は「今は昼間かな」と勘違いします。けっこう人間の体っておバカなんですよね。

寝る30分前には明るい画面を見るのはやめて、できれば照明も少し暗くして、リラックスできる時間を持ちましょう。ヨガをして心を落ち着けてもいいですし、ハーブティを飲んでもいいですし、ストレッチしながら楽しい妄想をしてもかまいません。

十分にリラックスすれば眠りの質も良くなるので、ぜひ試してみてくださいね!

このページの先頭へ