大人が「大人になったら自然と痩せる」と言う理由

5247299675_2e2e10d8a5

ダイエットをしたい、ダイエットをしている、という話をすると、大人は「痩せなくていい」「大人になったら自然と痩せる」なんて言うものです。どうして大人はこんなことを言うのでしょうか?また、本当に大人になったら痩せることはできるのでしょうか?

10代は太っていることを気にしすぎる

10代と大人の違いは、「自分に対する興味」です。大人は、仕事や家事などで忙しいので、自分のことにかまっている時間はあまりありません。だから、多少太っていても気にならなかったり、気になっていても諦めていたりします。

でも10代女子にとっては、少しでも太っているというのは深刻な問題。忙しいとは言え生活がかかっているわけでもなく、まだ自分のことを考える時間は大人よりはあります。

さらに、真面目な話をすれば、10代というのは発達段階的に言うと思春期で、自分への興味が増すという年代でもあるので、自分の体型のことがどうしても気になってしまうんですね。大人になるとそこまで興味がなくなるので、必死に痩せようと思うことも減っていきます。

大人からすれば、10代の悩みというのはちっぽけに見えてしまうもの。だからつい、10代女子に対してデリカシーのないアドバイスをしてしまうのかもしれません。

大人になったら本当に痩せるのか?

大人になったら痩せるというのは本当です。10代のうちは、主に顔や脚に脂肪がつきやすいので、写真を見ればすぐにわかります。大人になってから10代のころの写真を見ると、痩せている友達でさえ太って見えたりするものなんですよ。

ただ一方で、大人になってから太る人もいます。大人になると顔はすっきりしてくるものの、お腹や二の腕に脂肪がつきやすくなります。そして脚は太いままということも。

大人になってから太る人は、主にお酒とストレスが原因です。自由になるお金が増える分お菓子を食べ過ぎる人もいますし、ストレスで暴飲暴食を繰り返して太る人もいます。

このように、大人と10代女子では自分への興味、痩せることへの執着心が違う上、さらに実際に大人になればキレイに痩せる人も多いので、10代の悩みを真剣にとらえることはできません。ダイエットしたいという人は、大人のこういった話は気にしなくてもいいと思いますよ!

このページの先頭へ