20代後半のダイエットのポイントは無理をしないこと!

6932815749_0ac2d3046d

ダイエットを始めるとき、あなたは目標やルールを決めていますか?目標やルールを決めるのはいいことですが、その内容によっては、ダイエットが失敗しやすくなってしまいます。

モチベーションは低下する

ダイエットを始めようと思ったときには、モチベーションが高い状態にあります。でも、モチベーションは必ず低下してきます。特に20代後半にもなると、仕事やプライベートで忙しく、ダイエットどころではなくなってしまいます。

にも関わらず、ダイエットの目標やルールを高く設定してしまうのが人間です。「1か月でマイナス10kg!」とか「毎日2時間ジョギングをする!」なんて考えていると、ダイエットは失敗します。

ダイエットを始めるときのモチベーションはすぐに低下するということを理解した上で、目標やルールを設定しましょう。

無理のない目標やルールの定め方

ダイエットを決意した瞬間には、つい暴走して無茶な目標を定めてしまいますが、これを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、自分が1か月で達成したいと思う目標を考えてみてください。そして、その目標を、3か月で達成しましょう。たいていの人は目標を高く定めてしまいますから、自分が目標を決めたあとに、達成するまでの期間を長くすれば無理のない計画になります。

それだけゆとりを持って目標を立てれば、無理なく達成できる計画になりますから、ダイエットに挫折することもなく、地道に努力が続けられるようになりますよ。

毎日実践することは3つまで

ダイエットのルールに関しても、「毎日ジョギング2時間!」なんていう無茶なことを考えてはいけません。それよりも、もっと些細なルールを3つだけ決めるのがおすすめです。

「毎日体重を測る」「朝ヨーグルトを食べる」「夕食は主食を半分にする」というように、無理なく実践できるルールだけを決めておきましょう。

忙しい女性がダイエットを成功させるには、これぐらいのゆるさが必要です。どうか暴走しないで、実現可能な目標・ルールを決めてくださいね。

このページの先頭へ