20代後半女性のふくらはぎを「ながら運動」で引き締める!

149187332_db9e9102e0

ふくらはぎを細くしたくても、普通にダイエットしているだけではなかなか細くなりませんよね。ふくらはぎはもともと太もものようにたくさん脂肪がつくわけではないので、見た目にはっきり痩せて見えるようにまでなるには、相当の努力が必要です。

ふくらはぎを細くするなら背伸び運動!

背伸び運動とは、筋トレで言うところのカーフレイズというものです。背伸びをすることによってふくらはぎに負荷をかけ、ふくらはぎの筋肉を引き締めることができます。

  1. 両足を揃えて立つ
  2. 手はイスの背もたれや壁に置き、体を支える
  3. 背伸びをしたりもとに戻したりを繰り返す

これだけのシンプルな運動ですが、何度も繰り返していくうちにふくらはぎに負荷がかかっているのが感じられると思います。ちなみに、支え無しだと背伸びしたときにグラついてしまうので、壁やイスの背もたれに手を置いて体を支えながらおこなってくださいね

ふくらはぎを細くするにはマッサージも!

水分は、重力にしたがって体の下の方に溜まります。つまり、脚はむくみやすい部分です。脂肪がそこまでついていなくても、むくみのせいで脚が太く見えていることも。

ふくらはぎのむくみを取るには、マッサージもおすすめです。足首からヒザに向かって、両手で絞り上げるようにしてマッサージをしてみましょう。

ちなみに、皮膚に何もつけない状態ではマッサージしにくいので、マッサージオイルやボディローションを使ってすべらせるようにマッサージしてくださいね。

有酸素運動で脂肪を燃焼させよう

ふくらはぎの脂肪を減らすには、やはり有酸素運動は欠かせません。有酸素運動にはウォーキングやジョギングなどがありますが、なるべく大股歩きで、かつスピードを上げて歩くとふくらはぎも細くなりやすいですよ。

また、外で運動するのが難しい人は、自宅でできる運動をするのもおすすめです。(参照:20代後半女性におすすめ!家の中でできるダイエット効果の高い運動)踏み台昇降ならふくらはぎの引き締め効果も期待できるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

このページの先頭へ