20代後半になるとダイエットの効果が出にくくなる理由とは

cute-18927_640

「もう若くないから、ダイエットの効果が出にくくなってきた……」なんて思ってダイエットをあきらめていませんか?では、そもそもどうして年齢を重ねるとダイエットの効果が出にくくなってしまうのでしょうか?

基礎代謝が下がってしまう!

基礎代謝は、年齢を重ねるごとに下がっていきます。基礎代謝が下がると、一日で消費できるカロリーも下がってしまいますよね。低下する基礎代謝は、数字にすると小さな数字ですが、これも長年の積み重ねによって大きな差が出てしまいます。

もし、20歳と30歳で150kcalの違いがあるとしたら、1年で54750kcalもの差になります。20歳のときと同じ食生活を続けていると、30歳の1年間では7kg以上も太ってしまうことになります。

年齢を重ねるごとに、少しずつ摂取カロリーを減らしていかないと太る一方ですし、ダイエットをしようとしても、思っている以上に摂取カロリーを低くしなければ結果は出にくいのです。

運動量が減って筋肉も落ちる!

大人になると、たいていの人は筋肉が落ちていきます。運動量も減りますよね。すると、太りやすく、痩せにくい体になっていきます。

  • 運動量が減るということは、一日の消費カロリーも減るということです。
  • 筋肉が減るということは、基礎代謝そのものが減ってしまうということでもあります。

でも、運動量を増やしたり筋肉をつけたりするのは、大人でもできることですよね。年齢を止めることはできませんが、運動量を維持することはできるはずです。

好きなものを食べられるから

子どもの頃と違って、大人になると好きなものを好きなだけ食べることができます。子どもの頃はお母さんが作った料理や給食を食べるだけですが、大人だと「小腹が減ったからコンビニに行こう」「今日は焼肉を食べに行こう」と、好きなものを食べます。

つまり、自分自身で節制しないと、簡単にカロリーオーバーになってしまうということ。大人になるということは、自分の食生活を自分でコントロールする、ということなのです。

また、お酒も関係していると言えるでしょう。飲酒習慣がある人は、自分で節制しないと簡単に太ってしまいますし、それを我慢するのも大変になるので、ダイエットが成功しにくくなるのではないでしょうか。

このページの先頭へ