20代前半のうちに覚えておこう!ダイエットと睡眠の深い関係

6803488497_91c6f2788d

あなたは、いつもしっかり眠っていますか?ダイエットと睡眠は、とても深い関係があります。睡眠時間を削ってまで働いたり遊んだりしていると、ダイエットの成果も出にくくなるのです。

睡眠時間が短い人ほど肥満が多い!

コロンビア大学の研究によると、最適な睡眠時間は7~8時間。一方、睡眠時間が6時間の人は、7~8時間寝ている人に比べて23%肥満の人が多いそうです。睡眠時間が5時間だと50%、4時間だと73%も増えるということがわかっています。

最適な睡眠時間は個人差もありますが、多くの人にとって最適な睡眠時間は7~8時間だと言えるでしょう。

では、どうして睡眠時間が短いと太りやすくなってしまうのでしょうか?

ホルモンが関係しています!

睡眠時間が短いと、ホルモンバランスが崩れます。そのことによって、太りやすくなるのです。具体的には、2つの要因があります。

ひとつめは、ホルモンの影響によって食欲が増すこと。食欲が増すために食べ過ぎてしまい、その結果太ってしまうのです。ホルモンの影響なので、いくら精神力で抑えようとしても限界があります。
もう一つは、ホルモンの影響によって高カロリーな食事を欲するようになること。睡眠時間が長い人に比べると揚げ物などの高カロリーな食事を好むようになってしまうんです。

単純に、起きている時間が長いとお腹すきます

睡眠時間が短いと肥満が増える傾向があるのはホルモンの影響もありますが、「単純にお腹が空く」という理由もあります。わたしたちは、寝ているあいだに空腹を自覚することはありませんよね。寝てしまえば、空腹を感じることはありません。

でも、起きていれば空腹を自覚するので、何かを食べたくなるものです。起きている時間が長いほど、空腹を戦う時間も増えるのですから、ダイエットをしようにも挫折しやすくなるのです。

ダイエットをしたいのであれば、睡眠を軽視していてはいけません。睡眠時間を削らずに済むように、生活スタイルを見直してみることも大切なのではないでしょうか?

このページの先頭へ