メリハリのある体型になるために!20代前半におすすめの筋トレ5種類

8552318056_f938f51ff2

筋トレは、美しいスタイルを作るのには欠かせません。でも、ジムに行く時間もお金もない、という人も多いと思います。そこで、ここでは家でできる筋トレを紹介したいと思います!

筋トレに関してはこちらの記事も参考にしてくださいね。
icon-chevron-circle-right 20代前半に足りないのは筋肉!必要最低限の筋肉の付け方

20代前半の女性におすすめの筋トレ

 icon-gear クランチ(腹筋を鍛えるトレーニング)
みなさんよくご存じの「腹筋運動」のことです。腹筋をするときには腹筋の力で体を起こすように意識を集中し、腕の力で起き上がらないように注意しましょう。
 icon-gear フレンチプレス(二の腕を鍛えるトレーニング)
二の腕の裏側、つまり脂肪がぷるぷるしているところを鍛えます。(上腕三頭筋と呼ばれるところです)

ダンベルを持って、腕をまっすぐ上に伸ばします。そこから、ダンベルが肩甲骨に当たるぐらいまで腕を後ろに曲げます。

 icon-gear スクワット(太ももを鍛えるトレーニング)
スクワットのやり方はみなさんご存じだと思いますが、このとき、お尻を突き出したり背中が曲がったりしないようにしましょう。イスに腰掛けるような状態までかがむのが正解です。
 icon-gear プッシュアップ(胸を鍛えるトレーニング)
腕立て伏せのことです。腕立て伏せができない人は、膝をついた状態でおこなうといいですよ。このとき、指先が内側を向かないように前へ向けることと、目線も下ではなく前を向くことを意識しましょう。
 icon-gear バックエクステンション(背筋を鍛えるトレーニング)
これは、いわゆる「背筋」と呼ばれる運動のことです。上体と脚を同時に持ち上げる動きを繰り返すことで背筋を鍛えます。

基本は3セット!

回数は、それぞれ、10~20回を3セットとします。筋肉を効果的に鍛えるには、自分ができる限界の回数までおこなう必要があります。たとえば、腹筋を12回やったところで「もうダメ!」となるなら、12回×3セットおこなう、ということです。セット間は45秒程度休みます。

ちなみに、ここでは筋トレの一般的な名称で紹介しましたが、カッコイイ名前が多いですよね。「クランチ」とか「バックエクステンション」とか言っていると、筋トレ好きな男性と意気投合できるので覚えてみてもいいかもしれません。

筋トレを嫌がる女性は多いですが、とんでもありません!筋トレをすることによってキレイな体は作れるので、ぜひ続けてみてくださいね!

このページの先頭へ