20代前半のための、ウォーキング&ジョギングのやり方

a0002_011916

ダイエットのために、ウォーキングやジョギングをしようと思うのはとてもいいことです。でも、ウォーキングやジョギングは「ただ歩けばいい」「ただ走ればいい」というものでもありません。

ウォーキングの正しいやり方

ウォーキングは有酸素運動なので、平常時よりも少し脈拍が上がる程度の早歩きをしましょう。気を付けるべきポイントは以下の通りです。

  • 背筋を伸ばして姿勢正しく
  • 腕は前後に振る
  • 腹筋に力を入れる

運動量の目安は、以下の通りです。

  • 1日30分程度
  • 週に3日以上(出来れば毎日)
  • 時速6km程度の速さ

ジョギングの正しいやり方

ジョギングは、運動不足の人が始めるには少し大変なので、はじめはウォーキングをして、慣れてきたらジョギングを始めましょう。

ジョギングもウォーキングと同様に、背筋を伸ばし、軽く腕を振り、キレイな姿勢で走るように心がけます。時速9km程度を目安にするといいですが、はじめはゆっくりから始めてくださいね。

ジョギングはウォーキングに比べると脂肪燃焼効果も高いので、どちらをするかで迷っているならぜひジョギングに挑戦してくださいね。

ストレッチもしっかりと!

ウォーキングやジョギングをするときには、ストレッチをしっかりしてからおこないましょう。ストレッチによって体を温めてから運動しないと、体に負担がかかり脚を傷めてしまうこともあります。

ストレッチは、昔体育の授業でやったような簡単なものでかまいませんので、欠かさずおこなってくださいね。

運動終了後にも、ストレッチをするのがおすすめですよ。

日焼けに気を付けて!

ウォーキングやジョギングなど屋外での運動をおこなうときには、日焼けに注意しましょう。ダイエットに集中しているときには「痩せられるならなんでもいい!」と思いがちですが、日焼けをしてしまうと将来的にシミやシワの原因にもなります。

日焼け止めをしっかり塗った上で、肌の露出を減らすためにレギンスやアームカバーを使いましょう。後悔しないように、日焼け対策をきちんとした上でウォーキングやジョギングを楽しんでくださいね!

このページの先頭へ