コンビニで20代前半女子が選ぶべき食材、NGな食材

4585131973_4fa4a910a0

あなたは、普段コンビニをどれぐらい利用していますか?ダイエットをするなら、極力コンビニには近づかないのが基本です。でも、自炊できないときにはコンビニのご飯で済ませるときもありますよね。そんなとき、何を選べばダイエットの邪魔にならないのでしょうか?

菓子パンとコンビニスイーツは全面的に禁止!

まず、絶対に避けなくてはいけないのが菓子パンとスイーツです。

コンビニでもスーパーでも、市販されている菓子パンというのはカロリーがハンパなく高いです。砂糖がたくさん使われているだけでなく、バターやショートニングといった脂質も多く含まれているので避けましょう。
ケーキやエクレアなどのスイーツもNGです。こちらも、大量の糖質と脂質が含まれていて危険度が高すぎます。「人にもらった時」など、特別な時を除いては絶対に食べないようにしてくださいね。

サラダよりも惣菜がおすすめ!

ダイエット中のコンビニご飯と言うとサラダが定番かと思いますが、サラダよりも、惣菜の方がおすすめです。

コンビニのサラダは、野菜の量も少ないですし、栄養価が高い野菜もあまり使われていません。その上高いです。

惣菜は、最近はパウチ入りのものが100円ちょっとで購入できますし、コンビニにもよりますが種類も豊富なのでダイエット向けのものも選びやすいと思いますよ。

チーズやハムもおすすめ!

小腹がすいたときの間食としてお勧めなのが、チーズです。

チーズはコンビニのプライベートブランドのものもありますし、こちらも格安で購入できます。タンパク質が豊富で栄養価が高いので、ぜひ活用しましょう。

その他、ハムやちくわなどもコンビニなら小さいサイズのモノが売っていますし、お値段も手頃。ハムやちくわは塩分が高いので食べ過ぎには注意が必要ですが、こちらもダイエット中のタンパク源としてはおすすめですよ。

コンビにでは、お菓子やパンなど高カロリーのものを避けていれば、良い食材もいろいろあります。ぜひ、一度じっくりのぞいてダイエットに使えそうな食材を探してみてくださいね!

このページの先頭へ