ジュースは卒業!ダイエット中に選ぶべき飲み物とは

1562070194_582fd36790

ダイエットをするなら、普段の飲み物に何を飲むか、ということはとても大切です。カロリー制限する中で、どのような飲み物を選ぶのがいいのでしょうか?

ジュースは絶対にNG!

普段からよくジュースを飲むという人は、その習慣をぜひやめてください。

市販のジュースには、大量の砂糖が含まれています。「カロリーのかたまり」とも言うべきものです。このカロリーのかたまりをやめるだけで、摂取カロリーは大幅にカットできます。

ゼロカロリーのジュースもダメです。ゼロカロリーのジュースには人工甘味料が使われていますが、人工甘味料は体に負担をかけることもあり、また、まだ安全性についても十分確認されてるわけではないので気を付けましょう。

もちろん、コーヒーや紅茶でも甘いものはNGです。

一番いいのはお水!

ノンカロリーの飲み物にもいろいろありますが、普段の水分補給として一番いいのは水です。お茶やコーヒーも飲んでもいいのですが、水分補給として飲むには量が多すぎます。

コーヒーやお茶にはカフェインなどが含まれているので、嗜好品として飲むようにしましょう。

水は、1日2リットル飲むといいとも言われていますが、食事でも水分は摂取しているので、1~2リットル程度を目安に飲むのがおすすめです。あまり飲みすぎても体に良くありませんから、無理に飲まないようにしてくださいね。

炭酸水もOKです。炭酸水は腹持ちがいいので空腹感をごまかすのにもぴったりですよ。

常温の水を持ち歩こう!

ダイエット中の水分補給には水がおすすめではありますが、冷たいお水は避けましょう。

冷たい水を飲むと、当然体が冷えます。冷えはダイエットの天敵です。体が冷えると血行が悪くなり、脂肪の燃焼率も下がってしまいます。寒い時には白湯、夏でも常温の水を飲むようにしましょう。

水は、コンビニなどで買うとけっこう高いです。毎日1リットル以上飲もうと思うとけっこうな出費になりますよね。ですから、水は外出先で買うのではなく、家から持っていくようにしましょう。

ミネラルウォーターをケース買いしたり、もしくは浄水器の水を使うなどして工夫すれば出費も減らせますよ。

このページの先頭へ