ダイエット中に飲んでもいいお酒、ダメなお酒

9536700475_5f61968443

ダイエット中でも、お酒は飲みたい!という人もいると思います。また、積極的に飲みたいわけではなくても、飲み会の誘いがあれば断れない、ということも多いのではないでしょうか。では、ダイエット中にはどのようなお酒を飲めばいいのでしょうか?

醸造酒より、蒸留酒!

ダイエット中におすすめのお酒は蒸留酒です。お酒には醸造酒と蒸留酒があります。

醸造酒は、ビール、ワイン、日本酒、梅酒など。
アルコールのカロリー以外に糖のカロリーも含まれています。
蒸留酒は、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、焼酎など。
アルコール以外のカロリーが含まれていません。

アルコール自体のカロリーは、アルコールを体内で分解するときに消費してしまうので、脂肪としてつくことはありませんが、蒸留酒に含まれる糖は、体に残って脂肪に変わってしまいます。

カクテルやチューハイはNG!

カクテルやチューハイは、焼酎やウォッカで作られてるものですが、それでもダイエット中はNGです。カクテルやチューハイは、焼酎やウォッカにジュースを混ぜて作るモノ。このジュースのカロリーを考えれば、飲んではいけないことがわかりますよね。

普段、カクテルやチューハイをよく飲むという人は、せめてはじめの1杯だけにして、あとは焼酎の水割りなどを飲むようにしましょう。

ワインは少量ならOKです

ワインは醸造酒なので太りやすいお酒ですが、ワインに含まれるポリフェノールはダイエットにも効果的。たくさん飲むと糖が脂肪に変わってしまいますが、グラス2杯ぐらいであれば飲んでも大丈夫ですよ。

最近は「ワインダイエット」なんていうものもあるぐらいですから、醸造酒の中でもワインだけは飲んでもいいお酒だと言えるでしょう。

飲みすぎには気を付けよう

ダイエット中にお酒を飲むのは大丈夫ですが、飲みすぎには気を付けなければいけません。

酔いが回ると正常な判断ができなくなりますよね。すると、「ダイエットは明日から!」なんて言って、ついついおつまみを食べ過ぎたり、シメにラーメンまで食べてしまうこともあります。

お酒で太る人は、本当はお酒ではなくおつまみで太っていることも多いので、酔いすぎないように注意しながら楽しくお酒を飲んでくださいね。

このページの先頭へ