20代前半のための、理想の朝食の摂り方

beverage-15820_640

ダイエットをしている人にとって、食事というのはただ空腹を満たすためのものではありません。食事は「栄養補給」だということをしっかり理解しておかなくてはならないのです。

朝食で重視すべき栄養とは

朝食の際には、以下の栄養を意識して食べるものを決めましょう。

  • 食物繊維
  • タンパク質
  • ビタミン
  • 善玉菌
食物繊維は、腹持ちがいいというだけでなく便秘解消にも役立ちます。
タンパク質は、ダイエット中には特に不足しやすい栄養素なので、毎食意識的に取り入れることが大切です。
参考 icon-arrow-circle-o-right 
不足するとダイエット失敗!ダイエット中に絶対摂るべき栄養素とは
ビタミンは、いろんな種類がありますが、いずれも代謝に関わりダイエットを成功させるためには朝から摂取しておく必要があります。
善玉菌は、乳酸菌や納豆菌などのことで、腸内環境を整えるのに必要です。便秘がちな人は特に、多めに摂取を心掛けましょう。

おすすめの朝食はこれ!

上記で紹介した栄養が摂れる食べ物は以下のようなものがあります。

  • 果物    食物繊維、ビタミン
  • サラダ   食物繊維、ビタミン
  • 青汁    食物繊維、ビタミン
  • ゆで卵   タンパク質
  • ウインナー タンパク質
  • チーズ   タンパク質
  • ヨーグルト 善玉菌
  • 納豆    善玉菌

これらをお好みで組み合わせて、必要な栄養を補給できるようにしましょう。また、糖質が欲しいという人は、洋食ならミューズリーやグラノーラ、ライ麦パン、和食なら玄米を加えるといいですよ。

朝食を摂れない人の対処法

朝ギリギリまで寝ていたい人や、朝あまりお腹が空かない人は、朝食をそんなにたくさん食べられませんよね。そういう人には、2回に分けて朝食を摂ることをおすすめします。

朝出勤前には、青汁やプロテイン、ヨーグルトドリンクといったドリンクだけの朝食を済ませます。そして、出勤中や出勤前、もしくは午前の休憩中に、もう一度朝食を摂るのです。カットフルーツやチーズなど、持ち運べたり職場の冷蔵庫に入れておけるものを選ぶといいですよ。

朝食がトーストだけ、なんていう状態では美しく痩せることはできません。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

このページの先頭へ